学校で専門知識を勉強する

ネイル用品

学校別の特徴を知る

東京のネイルスクールを利用する場合、通常のネイルスクールかJNA認定校のどちらかで迷うでしょう。そもそも、JNA認定校というのは、日本ネイリスト協会が認める、ある条件をクリアした、プロのネイリストを育てる施設です。認定校として申請する際、2年以上指導したキャリアがあるとか、衛生面などが決められた基準に沿っているかなど、数々の条件をクリアしたところが認定校に指定されます。そこで、JNA認定校の特徴としては、東京のネイルスクールのほとんどの場合、スクール内でジェル検定初級試験を筆記試験に限り、生徒は受験できます。ジェル検定に関しては、オフィシャル会場で試験を受ける場合、半年に一度しか受験できないため、なるべく資格を早く取りたい方であればおすすめです。さらに、初級にとどまらず、上級や中級についても、利用する東京のネイルスクールの中で、実技試験を受けられるようになっています。利用する東京のネイルスクールで決めた条件に該当すれば、試験を受けられるため、オフィシャル受験と比べても、早めに資格を取ることができるでしょう。一方、認定校でない通常のスクールですが、特徴としては、JNA認定校よりも手の出しやすい学費になっています。ただ、認定校でなくても、認定講師がそのスクールに勤め、生徒に対して十分な指導を行っているスクールも、数多くあります。また、認定校になっていないからといい、検定に受かる確率がゼロというわけではありません。ですので、認定校でないスクールについては、生徒自身の頑張りとの講師の指導により、検定に受かるか受からないかが決まってくるでしょう。