健康食品でc型肝炎に負けない体【YES健康NO不健康】

知っておきたいC型肝炎

フコイダンの魅力

PC

有用性のある吸収率の高い低分子フコイダンは、インターネット上で購入することができて便利です。抗酸化作用や抗アレルギー作用があり、様々な症状を改善する効果があります。

more

c型肝炎の感染経路

医者

現代の医療の進化によって、治療可能となっている病気の数は増えています。鼻詰まりのようにいろいろなパターンで発症するものでもほぼ治療できます。フコイダンなどのように、健康食品を摂取することで抑えることができるものもあります。治療パターンが確立されると病気で苦しむ人の数も減りますし、死亡率もかなり減少します。治療方法が確立された病気の一つにc型肝炎があります。全国で感染している人は100万人以上いるとも言われ、感染後治療するのには根気が必要となります。c型肝炎は肝臓の病気です。肝臓がウイルスによって侵食されることによって、肝臓が通常の機能を果たせなくなってしまいます。肝臓には、エネルギーの代謝やエネルギーの貯蔵、解毒効果などがあります。c型肝炎によって肝臓がダメになると、だるい、疲れる、発熱などの風邪に近い症状が現れます。風邪ならば数日で治すことができますが、c型肝炎の場合は長引くことが多いです。風邪と思ってそのまま放置しておくと、慢性肝炎へと発展し、肝硬変や肝がんになる恐れもあるので注意が必要です。

c型肝炎にかかる原因はいくつか考えられます。c型肝炎が発見された1988年前はウイルスの存在さえ知られていなかったこともあり、手術をした時や出産した時に感染した可能性が考えられています。注射器も感染経路であった可能性があります。現在は、WHOの規定により、世界的に注射器の使い回しは禁止されています。注射器の使い回しはいろいろな病気に感染する可能性をかなり高めることがわかって以来禁止事項です。ですが、昔は管理がずぼらな時期があったため、注射器を感染経路として感染していた可能性もあります。昔は自分の血液を売買することが出来たこともあり、そこからという可能性もあります。結構な被害がでてしまったフィブリノゲンも原因の一つです。血液製剤であるフィブリノゲンですが、発売当時は非加熱であったため、ウイルスが混入していても未殺菌のままでした。1988年にc型肝炎が発見されて以来は加熱することになりましたが、それ以前に使用していた人の間で感染した可能性も考えられます。

ピックアップ

鼻づまりの悪影響

辛そうな女性

花粉症などで鼻づまりの症状が見られた場合、集中力などに影響が出てしまうことがあります。鼻づまりを改善するには、鼻水が出る原因となる物質を明らかにする必要があります。

more

C型肝炎の早期発見

診察

もしC型肝炎の疑いがあるのであれば、日頃から肝臓に負担をかけないようにする工夫が必要になります。医師や病院のスタッフに相談しながら治療を進めていくことが大切です。

more